【一陸特】第一級陸上特殊無線技士

目次

一陸特の次回の試験日

令和4年 10/20(木)9:30 

次の試験は10月です。
詳細は(公財)日本無線協会のホームページでご確認ください。

試験の申請期間は、令和4年8月1日(月)〜20日(土)まで。

※受験者数や試験場の都合等の理由により13時から行う場合がありますが、開始時刻の希望はできません。試験開始時刻は、受験票に記載し通知されます。

一陸特の過去問題

一陸特の過去問を解こう!

一陸特の試験について

試験科目

無線工学・法規

試験問題の形式

多肢選択(マークシート)形式で、
無線工学および法規の問題が同時に配布されて実施され、試験時間は3時間

合格点

無線工学の問題は1問5点で24問
合計が120点満点のうち、60%以上の75点以上が合格です。

法規の問題は1問5点で12問
合計が60点満点のうち、60%以上の40点以上が合格です。

合格率

令和2年度

受験者数:4,986

合格者数:2,122

合格率:42.6%

試験日程

年3回(2月、6月、10月)に実施されます。

試験地

全国11の試験地(日本無線協会の本支部所在地)で試験が行われます。

試験の受付期間

2月の試験:12月1日頃〜20日頃まで

6月の試験:4月1日頃〜20日頃まで

10月の試験:8月1日頃〜20日頃まで

受験料

6,300円(2022年4月現在)

試験の日時や受付期間、受験料などにつきましては、(公財)日本無線協会のホームページでご確認ください。

目次
閉じる